SADBE療法

SADBE療法

<SADBE療法>
SADBE=サドベと読みます。局所免疫療法のひとつです。
こちらの治療は私も実際に受けたことがあるので、その時の話も交えながらお伝えしていこうかなと思っています。

脱毛症の原因

SADBE療法の前にまず、脱毛症が起こる原因についてお話します。

脱毛症の原因には色々ありますが、はっきりとしたことは未だ解明されていません。現在、一番有力だとされているのは”自己免疫疾患”による脱毛症だと言われています。

SADBE療法もこの自己免疫疾患に対して働きかける治療方法です。


脱毛症の原因と自己免疫疾患について取り上げたページがありますので、もし自己免疫疾患って何だろう?と思われた方は是非ご覧ください。

SADBE療法とは何か

局所免疫療法(かぶれ療法)

SADBE療法は局所免疫療法と呼ばれる治療の一種です。

現在、脱毛症の局所免疫療法にはSADBE療法ともうひとつDPCP療法という治療法があります。どちらも、使用する試薬の名前ですがSADBEの方が主流かなと思います。

現在、脱毛症ガイドラインでは推奨度B(行なうよう勧められるもの)とされていて、全ての円形脱毛症に適応となっています。

特に、多発型・全頭型・汎発型の第一選択であり、ステロイド治療ではないので糖尿病や高血圧などの副作用リスクはありません。

SADBE=squaric acid dibutylester(スクアリン酸ジブチルエステル)
SADBEとは化学物質の一種です。
これが直接毛をはやしてくれるわけではありません。
この試薬を塗ることで人工的にかぶれを引き起こします。
かぶれを起こすことで脱毛症を改善しようというものです。

作用機序

では、その試薬であるSADBEがどのようにして脱毛症に働きかけるのでしょうか。

毛根の周りには免疫細胞が集まっています。脱毛が起こっている部位では、その免疫細胞が毛根にある毛を作る細胞(毛母細胞)を攻撃してしまい、その結果脱毛しているのではないかと考えられています。

SADBEを頭皮に塗ることで、毛母細胞を攻撃していた免疫細胞は頭皮に塗られた異物(SADBE)に反応して表面に呼び寄せられ、結果として毛根への攻撃を止めることができるのではないかと言われています。

この試薬を皮膚科の先生がちょうどいい濃度に調整して塗ってくれます。


刺激の強い化学物質なので濃すぎるとひどくかぶれますし、薄いと効果がありません。

かぶれに強い人や弱い人がいるので、患者さんにあった濃度に調整する必要があります。1%でかぶれる人、2%でかぶれる人などいろいろです。


赤みとかゆみがちょっと出るような濃度で継続することになります。

わたしの場合、初回の濃度で思いっきりかぶれまして(笑)
”赤みやかゆみ”のレベルではなく、シルはでるはかさぶたになるは、
顔面がはれて目も腫れて、誰か分からないくらい。トラウマです(笑)

当時、女子大でしてね・・・。
休みたかったんですけどね。
実験の日でどうしても休めず、その顔と超絶に痒い頭にニット帽をかぶり登校しました(笑)
(ニット帽にかぶれたシルがからまってもう悲惨な状態w)
友達にも先生にも心配され(いやも~ドン引きw)


「今日は帰っていいから病院に行きなさい」といわれあっけなく帰ってきて病院いきましたよ(笑)

SADBE療法を受ける前に

副作用について

かぶれることがあります(笑)これは、先ほどの私のことです。
先生にも、ここまでかぶれることはほとんどないと言われましたけど(笑)

今から20年近く前のことなので、当時はまだSADBEが療法が新しく、大学病院だったこともあり学生さんに見せていいかと聞かれ、断るのもなんか悪いな~とOKしたら、思った以上に見学にきてなんとも惨めでしたが、これが次の医療に生かされるのだ!と思うことにしました(笑)

私のときは、顔の腫れと頭皮幹部の水ぶくれみたいなかぶれが中心でしたが他には浮腫がでたり全身に湿疹がでたりすることもあるようです。

また塗布部位が色素沈着したり、他の治療(イボ)でSADBEを塗ったときはかぶれる可能性があるそうです。

治療の前には先生にきちんと説明を聞いて、理解したうえで治療にのぞみましょう。

有効性について

高い有効性が報告されているSADBE療法。受けてみる価値はあるかなと個人的には思いますが、100%の効果がでるわけではありません。

これは、もはやどの治療でもいえることですね。

脱毛症に関しても、原因がわかっていない治療なので、仮説のもとになりたっています。

過剰に自己を攻撃する因子が原因でない場合にはSADBE療法のターゲットとはならないかもしれません。

ですが、それもやってみないとわからないということです。

通院について

頻度もそうですけど、期間についてもかなり皮膚科にお世話になることになります。

一番確実なのは、通われている皮膚科に確認することだと思いますが、私のときは大学病院での初診だったのでSADBE治療に入る前に検査もありました。

わたしは初期にめっちゃかぶれたので治療の周期以外にも病院にいきました。

ステロイドが処方されて、「え?!免疫抑えるんかい!」とつっこみながら(笑)

そこからそのひどいかぶれが落ち着くのを待って
濃度を決めて・・・
2週間に1度通院して・・・
何度目かに4週間隔になって・・・
それから長期間続きます。
どの段階で産毛が生えて毛が生えるのか。

これは全くわかりません。

再発について

中止するとまた抜ける可能性があります。

1年くらい私も通院していたと思います。
うっすら産毛がはえてきたりしたこともありました。


それでも、私の場合は期間が短いのもあってか効果を実感できるにはいたりませんでした。

当時大学生だった私が通っていたのは、下宿先の近くの大学病院で、
卒業して違う大学院に進学することになったのでそのまま通うのを辞めました。

通える距離だったんですけどね。
大学病院って待ち時間すごくて・・・。まだ院外処方じゃなかったし。

進学先の大学院にも医学部があって附属病院があり紹介状をもって皮膚科に通うことはできたんですけど、白い巨塔病院だったので、今まで以上に待ち時間とか考えたら「たいそうやなぁ」と思って(笑)

そうです!
この時すでに自分の脱毛症より、めんどくさいと感じたのです(笑)
なので、ここから病院にはいってませんw
4週に1回のスパンで通い続けていたら、就職してからでも通えたかもしれませんけどね。

大学病院ではなくクリニックで受診したら待ち時間も半日かかるってこともないでしょうし(笑)

費用について

SADBEはかぶれを起こさせる”試薬”にあたりますので、治療をする医薬品には該当しません。

その為SADBE療法は保険の適応外となります。

脱毛症ガイドラインで推奨”B”ですが自費です。

治療について同意書等が必要となる為、皮膚科の先生から治療の前に説明があると思います。

”自費” ”保険適応外”って聞くと、なんかとっても高額な請求をされるんじゃないかって不安に思うかもしれませんが私が当時通っていた頃でもそんな高く感じませんでした。

自費?!と思っていたので拍子抜けしたというか、ほっとしたように思います。よほど、検査を受けていた時の方が高かったです(笑)

今は大きな病院ではなくても治療を受けられるので直接確認する方が確かだと思います。

治療の流れについて

1.感作

SADBE溶液を染み込ませたパッチ絆を二の腕の内側に貼ります。


この作業によって、自然界に存在しないSADBEという成分を身体に異物として覚えさせる(感作させる)ことで、次に皮膚表面にSADBEがぬられたときには免疫細胞が ”あ!これはこの前の異物!!”と認識してかぶれを引き起こしてくれます。

2.濃度を探る

感作されたかどうか先生に確認してもらい、感作されたことがわかれば次は初回の塗布です。

薄い濃度のSADBEを塗布することから始めて様子をみながら適当な濃度を先生が見つけてくれます。

濃度を決める期間もひとそれぞれです。
私みたいに低濃度でかぶれたら濃度の設定まで時間を要しませんが、
(かぶれた分治る時間はかかりましたけど・・・)
なかなかかぶれない方は、塗っては様子見てまた受診しての繰り返しが続きます。

3.継続

濃度が決まったら、2~3週間に1回くらいの割合で通院して患部に塗布する治療が続きます。発毛効果が確認できたら、楽しくなってきそうですねw

結果(私の場合)

”再発について”の項目でふれましたが、私は大学のときにこの治療を受けました。うちの大学の授業に講師として来ていた皮膚科の先生に相談して、先生の脱毛外来に通院することになったからです。

ですが、大学から大学院に進学した際に引っ越しをしたので通院をやめてしまいました。治療期間としては1年くらいでしょうか。産毛が生えたこともありましたが、結果としては効果が得られる前に治療をやめてしまいました。

円形脱毛症の患者の40%以上がアトピー素因を持つと云われ、約半分が本人や親兄弟にアトピー素因が認められるなど、アトピー性皮膚炎と円形脱毛症には密接な関係があると言われています。

私も、元々アレルギー体質で大学在学中にアトピーを発症しましたので身をもって関係があるなと感じています。今は症状はありません。現在、私が治療を受けずに生活しているのもアトピーの症状が落ち着いているからだと思います。もし、アトピーの症状が以前のように出ていたら薬も必要ですし、何より痒くてつらいので通院していると思います。

今はアトピーにならないようにできることはやって、規則正しい生活をおくりQOLを現状維持していく(笑)その過程で、髪が生えてくれたらいいな~とは思っていますし、気が向いたら皮膚科でまたSADBEでもしてみようかなと思っていますが、今の自分を受け入れ概ね満足した生活を過ごしています☆

脱毛症カテゴリの最新記事